《はじめてのポケットwifi》使うまえに知っておきたいポケットwifiの基本情報について

事前に押さえておきたいポケットWifiの基本的な操作方法について

日本国内をはじめ、海外旅行先でも簡単にインターネット回線を使いこなすためにも、「ポケットwifiの基本的な操作方法」を事前に押さえておくと安心です。
ポケットwifiを専門業者からレンタルする場合も、ご自身でポケットwifi端末やSIMカードを用意して使う場合にも基本的な操作方法は同じです。
 
操作方法① ポケットwifi端末の電源を入れる
ポケットwifiを使うときには、充電が完了していることを確認したうえで「ポケットwifi端末の電源を入れる」ことからスタートします。
一般的なポケットwifi端末は、電源ボタンを長押しすることで起動します。誤作動を防ぐためにも、基本的には長押しが必要となります。
 
操作方法② ポケットwifiをつなげる機器をする
電源が入ったら、続いてポケットwifiにつなげるスマートフォンやタブレット、パソコンなどの機器を使い「設定作業」を行います。
iPhoneやアンドロイドなど、どういった機器を使うかによって設定方法が異なりますが、
基本的にはそれぞれの設定画面などから簡単に接続を行うことができます。
スマホやタブレット、パソコンなどの機器にはwifiの設定画面があります。
カフェや公共の施設などで無料のwifiサービスを使うことがありますが、設定手順はそのときの使用方法と同様です。
wifiの設定画面に入り、ポケットwifiに割り当てられているSSIDという番号を探します。
レンタルの場合は端末本体の裏面に番号が記載されていることが多いのですが、分からないときには事前に業者に確認しておくようにしましょう。
 
操作方法③ SSIDを選択したあとにパスワードを入力する
それぞれのポケットwifi端末に指定された専用のSSIDを選択すると、「パスワード」の入力画面がでてきます。
この項目に、割り振られたパスワードを記入しますが、英数字の入力方法が小文字でなければならないところ、大文字で入力したり、
一文字でも間違ったりしてしまうとそれだけでパスワードの入力ミスとなりwifiに一向につながらないケースもあるため注意が必要です。
入力用のパスワードはポケットwifiレンタルの一式と同封されてきますので、失くしてしまわないように注意しましょう。
SSIDの選択とパスワードの入力が全て完了すると、無事にwifiに接続されてインターネット回線を使えるようになります。
スマートフォンやタブレット、パソコンの端末によってポケットwifiのつなげ方に違いがあるため、
はじめて使って少し不安があるという方は事前に携帯電話キャリアなどにwifi設定の仕方を確認しておくと安心です。
また、ポケットwifiレンタルの専門店でも、それぞれの端末に合わせた設定方法を丁寧に教えてもらえるので安心です。
 

今回は、はじめて「ポケットwifi」を使うという方向けにポケットwifiの基本情報をはじめ、ポケットwifiのレンタル方法や簡単な操作方法について解説しました。
外出先や海外旅行先で自由にインターネット回線を使いたいという方や、定額料金で快適にネットサーフィンやチャットアプリなどを使いたいという方には、
通常の携帯電話の契約のほかにポケットwifiのご利用をおすすめします。
どのような時に、どうやってポケットwifiを使うかなど、用途に合わせて自由に使い方を選ぶことができるため、
興味がある方はぜひポケットwifiを使用してみてください!